iPhoneの比較

2007年に初代iPhoneが世界で初めて発売されてから10数年の間に、iPhoneのモデルはたくさん増えました。約1年ペースで新しいiPhoneモデルを開発、発表しており、そのたびにユーザーインターフェースが刷新され、新たな機能が増えているのが特徴です。iPhoneのモデルが新しくなるにつれて、見た目のデザインや頑丈さはもちろんのこと、従来までできなかった機能がどんどん追加されて便利になってなっています。例えば初代iPhoneにはアプリストアが存在していなかったため、自由に好きなアプリをインストールして使用するということができませんでした。他にもインカメラや動画の撮影機能、Bluetooth機能や音声アシスタント機能の「Siri」など進化するにつれて、iPhoneに追加されてきた新機能は数えきれないほどあります。

そんなiPhoneシリーズを具体的に比較してみると、初代iPhoneと新しいモデルであるiPhone11proとでは、画面のディスプレイサイズや解像度、最初から用意されているストレージ容量などが大きく変化しています。タッチパネルを利用した直観的なユーザーインターフェースはそのままに、画面の鮮やかさがより高まり、できることの幅が増えていくiPhoneシリーズ。選べるデザインや端末機種が豊富なAndroidにも負けない、カラーバリエーションや機能性の豊かさに磨きがかかっています。初代の特徴や歴代の種類などについてご紹介します。


◎管理人参考サイト↓
進化を続けるiPhoneは、デザインだけでなく機能もより便利になっています。充電持ちも良くなってきていますが、バッテリーは寿命がある消耗品のため、減りが早くなってきたら新しいバッテリーへの交換を検討してみましょう。iCrackedではバッテリー交換を受け付けています ⇒ iCrackedのバッテリー交換